清水アーネットについて

ISO9001 品質保証方針

お客様に満足頂ける製品とサービスの提供を図るために 「法令順守」・「環境負荷低減」・「技術力向上」を重点項目とし QMSの確実な運用、継続的な改善を実行する。

ISO認定書

エコアクション21 環境方針

 当社は機械工具販売及び管工事、とび・土工工事の事業を通じて環境保全に 配慮して行動することを経営の重要課題の1つとしてとらえて、次の行動指針 を定めます。 事業活動に伴う環境負荷を低減し、環境への影響を最小限にとどめるた めに、次の取組を行います。

① 事業活動全般にわたる二酸化炭素排出の低減に努めます。
② 省エネルギー・省資源・廃棄物の発生抑制及びリサイクルの推進に努めます。
③ 環境に配慮した提案、施工に努めます。
④ グリーン購入の推進に努めます。
⑤ 化学物質の取扱いと適正管理に努めます。
⑥ 環境配慮製品の販売促進に努めます。
⑦ 用水使用量の低減に努めます。

エコアクション21認証状

数字で見る清水アーネット

社員数

63名
 

男女比

男 81%
女 19%

年齢比

20代   10%
30代   14%
40代   35%
50代   17%
60代以上 24%

血液型

A型   37%
B型   11%
O型   46%
AB型   6%

 

社員スケジュール

建材事業部

所属:建材事業部
氏名:関根宣昭
7:30
出勤(現場直行)
8:00~ 朝礼、KY活動
朝礼・KY活動にて当日の作業と危険ポイントの確認を行います。
9:00~ 現場墨だし、職人に施行指示
本日の作業場所の墨だし、施工内容を職人に指示をだします。
11:00~ 得意先訪問
新規物件情報収集
12:00~ 昼食
移動中に見つけた美味そうな定食屋で食事
13:30~ 着工物件の現地調査
現場監督と打ち合わせ
15:30~ 帰社
材料発注・見積り・ミーティング・情報交換
17:30~ 工程会議
次週現場に入る職人の工事割り当て
19:00
退社
※現場打ち合わせ
※現場墨だし
※新規物件見積もり・提案書作り

設備事業部

所属:設備事業部
氏名:柴田春樹
7:30~
出勤(現場直行)
8:00~ 朝礼、KY活動
朝礼・KY活動にて当日の作業と危険ポイントの確認を行います。
9:00~ 現場巡回・工事写真の撮影
現場巡回を行い危険個所や施工の状況を確認して工事写真の撮影などを行います。
10:30~ 下請け業者さんとの打合せ
下請け業者さんと施工方法など打合せを行います。
12:00~ 昼食
職人さんや仲間と楽しく昼食をとります。
13:00~ 昼礼・打合せ
翌日の作業の確認と調整を行います。
14:00~ 事務所にて書類作成
現場事務所にて施工図や工事書類の作成を行います。
16:30~ 現場巡回
今日の作業と明日の作業場所の確認をします。
17:30~ 事務作業
翌日に使う材料の確認や発注業務を行います。
19:30
退勤(直帰)
※工事写真の撮影
※下請け業者さんとの打合せ
※昼礼・打合せ
※現場事務所にて施工図の作成

商事事業部

所属:商事事業部
氏名:島村将貴
7:30
出勤
8:00~ 朝礼、納品準備
朝礼後当日納品予定の商品の積み込み作業 訪問予定のユーザー様との打ち合わせ内容の確認・書類の整理を行います。
9:30~
担当エリアに社用車にて移動開始
10:00~ ユーザー様に到着後、商品の納品
工場・作業場に入り、現場で必要な工具や機器等の見積り依頼・注文を受けます。 (1日の平均ユーザー様訪問数 7~8件)
12:00~ 昼食
社内で食べたり、出先で好きなご飯を食べます。
13:00~ ユーザー様と打合せ
機器の選定や、工事の予定などを打ち合わせします。
14:00~ 商品の納品作業
午前中と同じく、他ユーザー様へ訪問し商品の納品、見積り依頼などを受けます。
16:00~ 帰社
今日受けた見積りを仕入先に依頼をかけたり商品の注文業務を行います。
17:30~ 明日の準備
明日訪問予定のユーザー様の商品を確認したり伝票の整理確認を行います。
18:00
退勤
社用車にて移動開始
打合せ
納品準備

 

 

清水アーネットは、
信用第一、進歩と創造、堅実経営の経営理念のもと
「優れた商品、正しい工事」を通して
「持続可能な開発目標(SDGs)」
の実現に貢献します。

持続可能な開発目標(SDGs)とは
SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals)は、2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際開発目標です。世界が抱える問題を解決し、持続可能な社会を作るために世界各国が合意した17の目標と169のターゲットから構成され、人間、地球及び繁栄のための行動計画として宣言および目標が掲げられました。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本国内でも多くの企業や団体が積極的に取り組んでいます。
清水アーネットもSDGsの理念・目標に賛同し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。わたしたちの「優れた商品、正しい工事」を通して実現できること、取り組みべき課題を考え、お客様や協力業者パートナーの皆様、地域の皆様と協力しながら取り組んでいきます。

参考リンク
JAPAN SDGs Action Platform
持続可能な開発のための2030アジェンダと日本の取組

その他の取組

 

採用ページはこちらから

採用ページ